他人には気付かれたくない、自分が性病であることに…。保険証の使用履歴に性病を連想させるような履歴が残ることがあるのだろうか?という不安を抱えている方、当サイトで疑問・不安を解消してスッキリしましょう。

家族性にもなりかねない性病の判断とは

性病とは名前のとおり性行為によって感染する病気のことを指しており、代表的なものとしてはエイズやクラミジアなどが挙げられています。そして性病というものは自然に治癒することはなく、ほとんどの場合は医療機関での適切な治療や薬の服用をしなければ治すことはできませんし、放っておくと家族性に移行してしまう場合もあります。
家族性とはどういうことなのかというと、性病は性行為以外にも感染経路をいくつか持っているので感染していることに気づかないままもしくは気づいていても治療せずに放置しているとどこからか家族にも感染してしまうということになります。一番感染しやすいのが性行為のパートナーであり、家族やパートナーに感染させないためにも疑わしい場合は性病かどうかを判断する必要があります。
ではどのように判断していけばいいのかというところですが、実は性病には検査キットというものがあるのですがこれは医療機関でしか受けることができないというわけではなく、依頼することによって自宅に送ってもらうこともできるようになっています。これによって他人に知られることなく検査をすることができるので、内密に感染しているかどうかを判断することが可能になっているというわけです。そして感染していれば病院での治療が必要になりますが、それ以外は特に病院に行く必要もないので気にしなくていいですし、家族性に移行するという心配もないということになります。
ただし性病と判断されてしまった場合は自分だけではなく家族にも感染してる可能性があるので、その場合は家族も検査キットを利用する必要がありますし、性病に関しての情報を家族にも開示しておく必要があるということは忘れないようにしましょう。