他人には気付かれたくない、自分が性病であることに…。保険証の使用履歴に性病を連想させるような履歴が残ることがあるのだろうか?という不安を抱えている方、当サイトで疑問・不安を解消してスッキリしましょう。

意外と気づかない性病の症状

性病には色々な種類があり、それぞれ感染経路や症状は違います。その中でも現在の日本で一番と言っていいほど感染者数の多い性病は、クラミジアです。この病気の特徴は感染率がとても高いことです。この性病のもっとも恐いところは、自覚症状が結構な割合で現れていないところにあります。男性の場合は、水っぽい膿が出たり排尿の際に少し痛みを感じたりと、尿道炎に似た症状がでることもありますが、どの症状もそれほど大きい変化ではないので、気が付かず放置してしまう人は沢山居ます。そして男性がクラミジアに感染した場合、その50%は自覚症状がないです。女性と比べて男性の場合は、重症になるケースは少ないです。ほとんどの感染者は症状が軽く、不妊になってしまうことはあまりありません。一方女性がクラミジアに感染した場合、その80%は自覚症状がないです。男性も症状が軽い場合が多いですが、それを上回るほど女性は症状が出にくいです。感染しているほとんどの女性が症状が出なくて、その状態のまま放置しているという状況になります。症状としては、おりものの異変や不正出血、下腹部の痛みなどがあります。一応症状として現れることもありますが、そのほとんどは軽度のものばかりで、気が付きにくいです。女性は放置したままの場合、不妊の原因になることもあり得ます。こうようにクラミジアは感染率がとても高いですが、自覚症状が出にくい性病ということです。病気の名前だけを知っている人は居ますが、その症状や特徴がどのようなものか知らないという人は意外にも沢山居ます。とくに女性の場合は、症状が軽いため気付くのが遅くなり、重症化してしまう恐れがあります。そのため少しでも異変がある場合は、早急に検査を受けなくてはいけません。