他人には気付かれたくない、自分が性病であることに…。保険証の使用履歴に性病を連想させるような履歴が残ることがあるのだろうか?という不安を抱えている方、当サイトで疑問・不安を解消してスッキリしましょう。

病原菌によって無精子になる性病もある

性病は自覚症状があまりないものもあるので、つい甘く見がちですが病原気によっては無精子になってしまうものもあるので注意が必要です。
性病には生殖器に感染する病原菌も多く、そのようなものが精巣などに感染をすると炎症を起こしそれが原因で無精子になってしまうことがあります。
そのため、性病を放っておいたことによって男性不妊の原因となってしまう恐れもあるので、性病を放置するということは大きなリスクを伴うことになるのです。

また、感染したまま放置して性行為を行えばパートナーにも感染をさせてしまう恐れもありますから、感染をしていると疑いを持った時にはそのままにしておかずに検査を受けるようにしましょう。
放っておいて治るものではなく、悪化をするしかない病気ですから取り返しの付かないことになる前に、検査を受け治療を開始することが大切です。

性病の治療というのはそれほど難しいものではなく、多くの場合薬を飲むだけで治療をすることができますから、病院に行くのが恥ずかしい、面倒である、お金が勿体無いと思うのではなく体のためや他の人の迷惑にならないように早めに治療をすることが重要となります。

手遅れになってから後悔をしても遅いので、早めの治療をして安心を手に入れるようにしましょう。
性病に感染をしたままだと更に他の感染症にもかかりやすくなってしまうので、将来的に重大な問題を引き起こしてしまうおそれもあるだけに注意が必要です。
健康管理は誰かにしてもらうものではなく、自ら行うことが大切ですから性病の心あたりがある場合には、大きな自覚症状がなくても悪化をしてしまう前に、感染をしているのかどうかはっきりさせるようにすると良いでしょう。