他人には気付かれたくない、自分が性病であることに…。保険証の使用履歴に性病を連想させるような履歴が残ることがあるのだろうか?という不安を抱えている方、当サイトで疑問・不安を解消してスッキリしましょう。

知恵袋に寄せられた性病大量発生について

性交渉は非常に多くの方が経験したことのある行為であり、快楽が伴うことに加えて子孫繁栄の上でも欠かせないことから必要な行為と言えます。また時に男女のコミュニケーション手段としても活用されることも多い多いです。しかし性交渉に伴い性病を患ってしまうという方もいます。性病の種類についても数多くのものがあり、その症状や感染力が強い物もあれば弱い物もあります。また次々と新しい物が発見されていることに対し、完治できないものもあることで危険視されています。性病はどれだけ注意していても罹る時は罹ります。しかし知恵袋に性病の大量発生を報告する投稿がありました。そのうちの一つにHIV感染者が日本において大阪で急増しているというものです。HIVは人の免疫を低下させるウイルスであり、発症してしまうち免疫が低下してしまい、身体へ様々な弊害を引き起こしてしまいます。しかしHIVは現代医療においても完治する方法は判明しておらず、発症しないように薬を投与したり発症しても進行を遅らせるなどが中心となります。今回の投稿について、他の県ではHIV感染者数は大きく変動はありませんが、大阪限定で急増しているというものです。その原因や要因は明確に判明していませんが、性交渉を行える機会が多いことと性交渉や性病に関する知識・理解力の低下が要因とも言えます。近年では性に関する教育・育成はやや避けられる傾向にあり、指導の仕方も問題視されることが多いです。そのため十分な知識を知らないままに性交渉を行ってしまい、感染していることも一つの要因とされています。性病は一度感染すると治療に時間もかかることと他者にも移しかねないため、しっかりと知識を得て予防していくことが大切です。